生徒優秀答案・講師解答例

リベラル読解研究は、「自由人であるための学問」という「リベラル・アーツ」の精神に則った、国語を超えた新しい教科です。このページでは、授業概略と生徒の優秀答案、講師の解答例を掲載しています。

ys_daigakujuken-w1200x628

村上春樹『沈黙』生徒優秀答案・講師解答例

リベラル読解研究では、村上春樹『沈黙』(全国学校図書館協議会)を扱いました。この小説では大沢さんが「僕」に語るという構成がとられています。文中に出てくる「深み」、タイトルである「沈黙」がこの小説を読む上でのキーワードです。それぞれの意味す…

ys_daigakujuken-w1200x628

遠藤周作『海と毒薬』講師解答例

リベラル読解研究では、遠藤周作『海と毒薬』(新潮社)を扱いました。単なる登場人物の心情読解にとどまらず、作者がその表現に込めた意図、物語を通じて読者へと投げかけている深い思想を読みとっていきます。小説を読むために注意すべきことを何点か挙げ…

授業風景(w300x300・リベラル読解研究)

梅田望夫/飯吉透『ウェブで学ぶ』講師解答例

リベラル読解研究では『ウェブで学ぶ —オープンエデュケーションと知の革命—』(筑摩書房)を扱いました。今回は「ウェブ社会の未来」について考えます。

授業風景(w300x300・リベラル読解研究)

加藤尚武『脳死・クローン・遺伝子治療』講師解答例

リベラル読解研究では『脳死・クローン・遺伝子治療 —バイオエシックスの練習問題—』(PHP研究所)を扱いました。今回は生命倫理について考えます。

授業風景(w300x300・リベラル読解研究)

栗山民也『演出家の仕事』講師解答例

リベラル読解研究では、栗山民也『演出家の仕事』(岩波書店)を扱いました。今回は「コミュニケーション」について考えます。

授業風景2(300x300)

丸山圭三郎『言葉とは何か』講師解答例

リベラル読解研究では、丸山圭三郎『言葉とは何か』(筑摩書房)を扱いました。この書籍を使って言語学の基礎を学びました。書籍を読解し、論点を抽出した後、意見を出し合いました。

授業風景(w300x300・リベラル読解研究)

大野晋『日本語練習帳』講師解答例

リベラル読解研究では、大野晋『日本語練習帳』(岩波書店)を扱いました。今回は言語について考えます。「言語とは何か」について意見を出し合いました。

授業風景2(300x300)

岩井克人『貨幣論』講師解答例

リベラル読解研究では、岩井克人『貨幣論』(筑摩書房)を扱いました。書籍を読解し、論点を抽出した後、意見を出し合いました。授業の最終講で扱った課題と講師解答例をご紹介します。

授業風景2(300x300)

村上陽一郎『近代科学を超えて』講師解答例

リベラル読解研究では、村上陽一郎『近代科学を超えて』(講談社)を扱いました。「科学の発展」とはどのようなものか、最近気になったニュースを取り上げて、意見を出し合いました。

授業風景2(300x300)

池谷裕二『単純な脳、複雑な「私」』講師解答例

リベラル読解研究では『単純な脳、複雑な「私」』(講談社)を扱いました。今回は脳科学の最前線を追いました。書籍を読解し、論点を抽出した後、意見を出し合いました。

授業風景2(300x300)

想田和弘『なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか』講師解答例

リベラル読解研究では、想田和弘『なぜ僕はドキュメンタリーを撮るのか』を扱いました。書籍と授業での議論を踏まえて暴力的な出来事の記憶を分有することについて意見を出し合いました。

授業風景2(300x300)

小松秀樹『医療の限界』講師解答例

リベラル読解研究では、小松秀樹『医療の限界』を扱いました。書籍と授業での議論を踏まえて暴力的な出来事の記憶を分有することについて意見を出し合いました。

ys_daigakujuken-w1200x628

岩井克人『二十一世紀の資本主義論』講師解答例

リベラル読解研究では、岩井克人『二十一世紀の資本主義論』を扱いました。書籍と授業での議論を踏まえて暴力的な出来事の記憶を分有することについて意見を出し合いました。

ys_daigakujuken-w1200x628

大平健『豊かさの精神病理』講師解答例

リベラル読解研究では、大平健『豊かさの精神病理』を扱いました。書籍と授業での議論を踏まえて暴力的な出来事の記憶を分有することについて意見を出し合いました。

授業風景2(300x300)

加藤周一『日本文化における時間と空間』講師解答例

リベラル読解研究では、加藤周一『日本文化における時間と空間』(岩波書店)を扱いました。第1部で時間、第2部で空間、第3部で日本文化における両者の相関を論じています。

授業風景2(300x300)

遠藤周作『海と毒薬』講師解答例(2013年度)

リベラル読解研究では、遠藤周作『海と毒薬』(新潮社)を扱いました。単なる登場人物の心情読解にとどまらず、作者がその表現に込めた意図、物語を通じて読者へと投げかけている深い思想を読みとっていきます。

授業風景2(300x300)

大野晋『日本語練習帳』講師解答例(2013年版)

リベラル読解研究では、大野晋『日本語練習帳』(岩波書店)を扱いました。今回は言語について考えます。日本人はしばしば明言を避けて、霞がかかったように曖昧さの残る言い方をすることがあります。

授業風景2(300x300)

鷲田清一『わかりやすいはわかりにくい?』講師解答例

リベラル読解研究では、鷲田清一『わかりやすいはわかりにくい?』(筑摩書房)を扱いました。今回の授業概略と生徒の優秀答案、講師の解答例を掲載しています。

授業風景2(300x300)

夏期講習「医系論文」講師解答例

夏期講習では、医系論文および面接対策、そして「明日の医師」となるための土台を築くために医療に関する素材を扱いました。今回の授業概略と講師の解答例を掲載しています。

授業風景2(300x300)

内田樹『寝ながら学べる構造主義』講師解答例

リベラル読解研究では、内田樹『寝ながら学べる構造主義』(文藝春秋)を扱いました。今回の授業概略と生徒の優秀答案、講師の解答例を掲載しています。

お問い合わせ: 0120-3759-37 (日曜・祝日を除く14:00〜18:00) Webフォームで問い合わせる