リベラル通信 2021年 春号

2021年度 大学入学共通テスト 新傾向問題と取り組み

今回は本年度から新たに実施された大学入学共通テストの新傾向問題を紹介していきます。

【第一日程】

試行調査(第二問~第五問)を踏まえ、第一問では実用的文章、第二問では韻文およびエッセイの出題が予想されていましたが、それらの出題はありませんでした。また、センター試験でも見られた先生や生徒同士の対話による設問はありませんでした。

第一問(現代文)では、問五で設問の文章を読んだ生徒が作成した「ノート」が資料として提示されています。

また、出典の中で引用されていた小説について生徒が考察を加えるといった場面想定も見られ、文章を書く活動を意識しながら複数の資料を関連付ける設問となっていました。

第二問(現代文)の問六では、本文が発表された当時の批評文と比較して評者と異なる解釈を選択するという、文章を多角的な視点から読む出題が見られました。

第三問(古文)の問一、問二については、センター試験でも出題されてきた形式の問題でしたが、語彙や文法の辞書的な知識だけでなく文脈に沿った解釈を推測する力が求められました。

さらに問五では本文中の和歌贈答を他作品の表現と比較させる設問も見られました。なお、和歌が本文中に四首、問五の中に一首、計五首あり、和歌の鑑賞力が問われていました。

第四問(漢文)は、去年に引き続き漢詩が出題されました。また、問三、問六では試行調査同様、複数の資料を踏まえた理解が問われていました。

【第二日程】

共通テスト試行調査の設問形式を踏まえた問題も見られたものの部分的であり、全体としてはセンター試験に類似した形式でした。

第一問、第二問(現代文)では、それぞれ問六で、生徒が意見を発表している場面や登場人物の描かれ方について生徒同士が話し合う場面を想定した設問が出題されました。実際の言語活動を意識した設問と言えますが、センター試験でも見られた形式です。

第三問(古文)は、傍線が付されていない設問が多く、本文を広く読む必要がありました。問五は「月」の描写に注目し、和歌の解釈や表現効果を多角的に問う問題でした。

第四問(漢文)では、問三の句法の知識が必須となる問題や正解を二つ選ぶ問題や、問七の同じ故事を踏まえる他の文献を引用し、本文との関係性を問う設問など、第一日程同様に試行調査の要素が盛り込まれていました。

【共通テストに向けた今後の取り組み】

共通テスト試行調査を意識した設問も見られましたが、従来のセンター試験を踏襲した設問も少なくありませんでした。しかし、今後も複数の資料を多角的に解釈したり、文章から得られた情報を適切に把握したりする力が求められると考えられます。どのような形式で出題されても対応できるよう、センター試験の過去問や試行調査なども使って練習を積み重ねておきましょう。

また、漢字や語彙、古文単語、漢文句形などの知識事項についても引き続き出題が予想されます。特に、古典の知識は内容理解の基礎ともなるので、早い時期から固めておきましょう。

リベラル読解論述研究 書籍紹介

今年度東大入試の国語で漱石の文章が出題されました

「子規の画」全文が文科第四問で出題されました。リベラル読解論述研究の授業では、過去に漱石の文章を何度か扱ってきました。漱石の文章をこれまでしっかり読んできた人には今回出題された文章が読みやすく感じられたでしょう。

★Y-SAPIXではこれまで次のものを読んできました★

  • 『漱石文明論集』
  • 『夢十夜』
  • 『行人』
  • 『私の個人主義』

今後も生徒のためになる本を選定していきます。

※次回は5・6月号です。

お問い合わせ: 0120-3759-37 (日曜・祝日を除く14:00〜18:00) Webフォームで問い合わせる