四面体・平行六面体の体積公式 高校範囲で行列式を考える

「四面体・平行六面体の体積公式 高校範囲で行列式を考える」に関する解説

座標平面上において2つのベクトル (a, c) と (b, d) で作られる平行四辺形の面積が |ad-bc| で得られることは多くの方がご存知でしょう。この公式のある導き方を空間に自然に拡張することで,座標空間における平行六面体の体積の公式や,辺の長さがすべて与えられた四面体の体積の公式が導けます。タイトルにもあるように,そのことは大学で学習する「行列式」の一つの側面を考えることになります。今回はそのことについて解説します。

キーワード:行列式 平行六面体の体積 面体の体積 グラムの行列式

お問い合わせ: 0120-3759-37 (日曜・祝日を除く14:00〜18:00) Webフォームで問い合わせる