[応募締切] 第1回 全国論文コンテスト

Y-SAPIXでは、これから求められる学力とリテラシーを高める未来対応型の新論文コンテストを実施いたします。

本をじっくり読み、理解し、読み取った内容をもとに自分の意見を文章にする。このコンテストでは皆さんに「表現することの喜び」を体感してもらいたいと考えています。

※応募締切となりました。

実施概要

対象 全国の高校1年~3年生・中学1年~3年生
優秀作品は、Y-SAPIXホームページおよび情報誌「Y-SAPIX JOURNAL」に掲載させていただきます。
書籍 『学ぶとはどういうことか』佐々木毅著(講談社 2012年刊)
課題 本の内容を踏まえて、学ぶとはどういうことかについて800字以内であなたの意見を書きなさい。
締切 2015年9月15日(火)
賞品

以下の金額相当の図書カードを贈呈

最優秀賞・・・3万円(1名)
優秀賞・・・・2万円(2名程度)
入選・・・・・1万円(3名程度)

「リベラル読解研究」のご案内

今回の論文コンテストを主催するY-SAPIXでは、中高生を対象にした発信型授業「リベラル読解研究」を行っています。この授業では、書籍を丹念に読み込み、本の内容を要約したり、意見を論述したり発表したりして、読解力や表現力を身につけていきます。大学受験のみならず大学入学後を見据えた画期的な授業です。

指定書籍について

『学ぶとはどういうことか』佐々木毅著(講談社 2012年刊)

『学ぶとはどういうことか』佐々木毅著(講談社 2012年刊)

政治思想史を専攻する学者であり、第27代東大総長でもある佐々木毅先生は、本書の中で次のように述べています。

『東日本大震災は従来の学びのあり方に壊滅的な打撃を与え、大きな見直しを迫った。複雑化・多様化する時代のうねりの中では既存の枠内で行う知識の積み上げ的な学びは通用しない。これからは想定という安定した枠を超える本当の学びが必要となった』

みなさんにとって学ぶとはどういうことでしょうか。私たちはこれから何をどのように学ぶべきでしょうか。そして、どのように生きていけばよいのでしょうか。この論文コンテストを通してぜひ考えてみましょう。

お申し込み方法

※応募締切となりました。

発表・表彰
優秀者は、11月頃にY-SAPIX 東大館(代々木)にて表彰式を行います。

発表・表彰に関して

優秀作品および表彰式の模様は、Y-SAPIXホームページおよび情報誌「Y-SAPIX JOURNAL 12月/1月号」に掲載させて頂きます。あらかじめご了承ください。

※選考結果につきましては10月下旬までに表彰対象者様にご連絡いたします。それ以外の方へのご報告は、上記ホームページおよびY-SAPIX JOURNALへの情報掲載にて替えさせて頂きます。

お問い合わせ: 0120-3759-37 (日曜・祝日を除く14:00〜18:00) Webフォームで問い合わせる