数学

自ら考え、表現することを通して問題解決の基となる数学的な力を養う

Y-SAPIXでは、変化の激しい時代を生き抜くために必要な数学的思考カ・表現力を身に付けることが重要だと考えています。将来、社会に出たときに答えのない難しい問題に直面しても、解くべき課題を抽出し自ら解決に向かえるよう「考えることの楽しさ」を大切にしているのがY-SAPIXの数学です。授業では、生徒が一つの問題を多角的に考え解けたときの達成感や、新しい概念などを理解したときの喜び、知的興奮を実感できる機会を豊富に設けています。また、日々の学習においては、問題の答えを出すだけでなく、解答に至るまでの思考過程が数学的に厳密かどうか、そして自分の考え方を式や文章で正確に、かつ簡潔に表現できているかどうかを重視します。自ら考え、表現することを通じて、将来につながる“普遍的な数学力”の育成を目指します。

スパイラル学習で“数学の醍醐味”を実感できる境地ヘ

Y-SAPIXでは中1生から高3生までの6年間の中で、同じ単元を繰り返し学ぶカリキュラムを組んでいます。スパイラル学習で基本事項を繰り返し学ぶことによって単元ごとの基礎を定着させ、さらに難関大学の入試で求められる「単元横断型」「言葉や数式を駆使して論理的に正しく記述表硯力の強化する力」を鍛え上げます。また授業では、一つの問題に対して複数の解法を考えることがしばしばあります。各種概念の特性を意識し、それらの優劣を考えることにより、“数学の醍醐味”を実感できる境地へと導きます。
Y-SAPIXでは中3までに数学Ⅰ·A·Ⅱ·Bをー通り学習します。高校生からは、理系志望の方向けに数学Ⅲを学ぶ数学Sαや数学Sを開講しています。また、数学I·A·Ⅱ·Bをより実戦的に学ぶことのできる数学αも開講しています。

お問い合わせ: 0120-3759-37 (日曜・祝日を除く14:00〜18:00) Webフォームで問い合わせる