確率変数の期待値その1 何回起きるかの期待値

「確率変数の期待値その1 何回起きるかの期待値」の解説

確率的な考え方を応用して現実の問題について判断するときに重要な概念として確率変数とその期待値があります。その中でも特に、反復的な試行においてある結果が何回起きるかの期待値については、確率と数列の和の計算の融合問題としてその値を求める問題が大学入試でもよく出題されます。今回の「一歩先の数学」ではそのような問題について、確率変数の考え方を前面に押し出してみてみたいと思います。一部の問題については「確率と数列の和の計算の融合問題」としての求め方も示しています。

キーワード:確率変数 期待値の計算

お問い合わせ: 0120-3759-37 (日曜・祝日を除く14:00〜18:00) Webフォームで問い合わせる