分散と相関係数 陥りがちな3つの誤解

「分散と相関係数 陥りがちな3つの誤解」に関する解説

高校で学習する統計学では分散や2つの変量の相関係数を考えることが大きな部分を占めています。これらの定義を覚え求め方を身につけることはそれほど難しくはないのですが、活用して解釈をするにあたっては陥りがちな偏見がいくつかあり、注意を要します。今回の「一歩先の数学」ではそのような注意点の3つについて解説したいと思います。

キーワード:選抜効果 和の分散と共分散

お問い合わせ: 0120-3759-37 (日曜・祝日を除く14:00〜18:00) Webフォームで問い合わせる