[解説掲載] Y-SAPIXからの挑戦状 — 算数好きな皆さんへ(図形問題)

[挑戦状] 算数好きな皆さんへ

皆さんは、「集中力」についてどのように意識していますか。

問題文を読んで、解法を考えるときに最大の集中力を傾けている人をよく見かけます。確かにそれも一つの方法ですが、解法の方向性が見えて「あとは計算するだけ」となった途端に集中力がダウンしてしまい、その結果、計算ミスがあって思うような点数が取れない、といったケースもよく見られます。

そこでおすすめするのは、解法や解き方を考えるときに集中力を高めるのではなく、リラックスした状態で問題を眺め、糸口が見つかった時点で、一気に集中力を高めて処理する方法です。意識を少し変化させるだけで、ケアレスミスを大幅に防げることも多いのです。もちろん根底になる計算力を高めるためのトレーニングは積んでいかなくていけませんが、「勉強はたくさんしているのに、ミスが減らない」と悩んでいる方は、参考にしてみてください。

さて、今回もY-SAPIXから小学生の皆さんに挑戦です。今回は図形問題です。ご応募をお待ちしています。

※挑戦状へのご応募は受付終了しました。

問題の解説

ご応募いただいたみなさま、ありがとうございました。

今回はどのように説明したらよいかが難しかったようです。図形としては、「点Pはこのあたりだろうな」というイメージはつかめた方もいたのではないでしょうか。今回は、それが「正しい」ことを説明する難しさがあったのではないでしょうか。それでは、解説です。

成績優秀賞

優秀賞 …… I・Yさん

お問い合わせ: 0120-3759-37 (日曜・祝日を除く14:00〜18:00) Webフォームで問い合わせる