一見同じとは思えない数たち

「一見同じとは思えない数たち」に関する解説

高校数学では最初の方で有理化や二重根号の解消などを通じて、一見同じとは思えない数が等しいこともあることを学習します。今回はそのような数の組でより高度なものについて何組か解説します。特にインドの数学者ラマヌジャンが出題した問題を多く扱います。それらが確かに等しいことを確認する過程は、初等的な計算技術を高度に応用するよい実例といえるでしょう。

キーワード:ラマヌジャンの問題

お問い合わせ: 0120-3759-37 (日曜・祝日を除く14:00〜18:00) Webフォームで問い合わせる