〈高2 第2回講評〉東大・京大模試[添削指導付き](2018年1月28日実施)

2018年1月28日()に実施した「第2回 東大・京大模試[添削指導付き]」の高2生向け講評・得点分布グラフです。

2017年度の締めくくりとなる本模試の難易度は高く感じたのではないでしょうか。難問に苦戦された方も多く、解答に至らなかった方が見受けられましたが、成績表に記載された添削や解答解説集を参考に復習しましょう。また、正答した方も今後、類似問題にも対応できるように解答解説集を熟読しましょう。

今後の学習進捗をはかるため、2018年度も引き続きSAPIX YOZEMI GROUP模試を受験しましょう。

» 2017 Y-SAPIX主要大学入試難易ランキングはこちら

英語の講評・得点分布グラフ

採点・添削した先生からのメッセージ

得点分布グラフ
得点分布グラフ:英語
第1問【リスニング】
特にディクテーションで得点できなかった人は、日頃からの音声学習・発音練習を心がけましょう。自分で発音できないものは聴き取れません。
第2問【読解 要旨要約】
第1文の「知識が多ければ多いほど成功しやすい」を、文章全体の要旨と勘違いして答案の最初に掲げてあるものが数多くありました。第1段落全体を読むと、この主張を疑問視した上で第2段落につながっていくのが分かるはずです。1文1文の読解も大事ですが、要約問題を解くにあたっては、パラグラフリーディングの視点をより大切にして、文章全体の主題をつかむようにしましょう。具体例にも振り回されないようにしましょう。
第3問【読解 和訳】

(1) の a greater chance「高い可能性」を「素晴らしい機会」とする答案が数多くありました。「機会が1回(だけ)」というのでは少なくないでしょうか。挿入の he claimedが抜け落ちている答案も2割ほどありました。 (2) の over the past hundred years or so「過去100年ほどの間」を「数百年の間に」とする誤訳も目立ちました。1908年から計算して、現在までの間に数百年が経過するはずはありません。常識も働かせて誤読を防ぎましょう。to testを目的を表す不定詞として訳せていない答案も半数はありました。解説冊子を読み込み、文の組み立てをしっかり理解しておきましょう。

第4問【読解 総合問題】
問4のspotlight effectの説明問題は、前段落にあるeffectという語の前後の内容をまとめていけばよいのですが、「実際以上に、過大に」という要素が抜けているものが多くありました。単に「他人からの視線を感じる」のと、「他人からの視線を実際以上に感じる」のとでは意味が異なります。修飾語句をどの程度盛り込むべきか、本文のテーマを考えながら答えをまとめる必要があります。
第5問【語彙・英作文】
Part Bでは、日本語あるいは英語のことわざを説明させる英作文を出題しました。選んだことわざの意味と具体例をバランスよくまとめましょう。採点は「ことわざの定義の適切さ」「具体例の適切さ」「文法・語法・綴りの正しさ」「表現の豊かさ(同じ表現を繰り返していないか・語彙レベル等)」の4点に分けて行いました。いくら文法的に正しくても内容が間違っているものには辛口の採点をしました。例えば「一石二鳥」の具体例として、「石を一個投げて鳥を二羽捕まえた」と書いた答案が多数ありましたが、これはことわざの由来であって、具体例ではありません。また、「他山の石」を「隣の芝生は青い」と混同した答案もありました。Seeing is believing についても若干の誤解が見られ、うまく具体例と結びついていないものも散見されました。自由英作文には、英語力以外に、一般的な教養や、社会に関する知識が求められることもあります。知見を広げていきましょう。

理系数学の講評・得点分布グラフ

採点・添削した先生からのメッセージ

得点分布グラフ
得点分布グラフ:数学
第1問 面積の最大値
第1問はサイコロを3回続けて振ることで決定される座標平面上の三角形の面積についての問題でした。よくできていました。 (1) について、最大値や最小値であることの根拠の説明が不十分な答案が目立ちました。文字を用いて一般の場合を表現することを心がけましょう。
第2問 最大値・最小値
第2問は2変数の式の条件付き最大値と最小値を求める問題でした。この種類の問題として典型的で、(1) と (2) で解法の誘導をしていたこともあり、よくできていました。復習時には誘導なしでいきなり (3) が出題されてもスムーズに解答できるようになることを目指しましょう。
第3問 数列と整数の性質
第3問は数列と整数の性質の融合問題でした。 (1) は初項と漸化式から数列の一般項を求める問題でした。この種類の問題としては基礎的で、よくできていました。いくつかの具体的な数値から階差数列が等比数列として論述している答案がいくつかありましたが、それでは根拠が不十分です。 (2) は (3) の準備として整数の性質を証明する問題で、解き切れた人と苦戦した人とに大きく分かれました。活用の仕方が難しかったのか、 (2) が解けても (3) は苦戦した人が多かったです。
第4問 関数
第4問は数列の極限で定義される関数についての問題でした。(1)で関数を決定するのですが、解き切れた人と苦戦した人とに大きく分かれました。等比数列の極限を考えるにあたっての場合分けの基準を確認してほしいと思います。 (2) は (1) で関数を決定できたことを前提に方程式の実数解の個数について考える問題でした。混乱した人もいましたが、 (1) を解けた人はよくできていました。

文系数学の講評・得点分布グラフ

採点・添削した先生からのメッセージ

得点分布グラフ
得点分布グラフ:数学
第1問 面積の最大値
第1問はサイコロを3回続けて振ることで決定される座標平面上の三角形の面積についての確率の問題でした。よくできていました。 (1) について、最大値や最小値であることの根拠の説明が不十分な答案が目立ちました。文字を用いて一般の場合を表現することを心がけましょう。
第2問 最大値・最小値
第2問は2変数の式の条件付き最大値と最小値を求める問題でした。 (1) は1文字消去して2次方程式の判別式を考える基本的な問題でしたが、苦戦した人が多かったです。 (2) は (3) の誘導の計算問題で、よくできていました。 (3) は (1) ができなくても、(2)ができればある程度までは解くことができます。
第3問 数列と整数の性質
第3問は数列と整数の性質の融合問題でした。 (1) は初項と漸化式から数列の一般項を求める問題でした。この種類の問題としては基礎的で、よくできていました。いくつかの具体的な数値から階差数列が等比数列として論述している答案がいくつかありましたが、それでは根拠が不十分です。 (2) は (3) の準備として整数の性質を証明する問題でした。苦戦した人が多かったようです。活用の仕方が難しかったのか、 (2) が解けた人でも、(3)は苦戦した人が多かったです。
第4問 図形
第4問は座標平面上の図形についての問題でした。 (1) と (2) はこの種類の問題としては基礎的で、よくできていました。 (3) は条件を整理できずに混乱してしまった人が多かったようです。複雑な条件について考えるときは、より単純な複数の条件に分解できないか考えてみるとよいでしょう。

国語の講評・得点分布グラフ

採点・添削した先生からのメッセージ

得点分布グラフ
得点分布グラフ:国語
第1問 現代文

第1問(現代文)は、春日直樹『〈遅れ〉の思考―ポスト近代を生きる―』からの出題です。全体を通して、本文の表現を書き抜いただけで解答として不十分な答案が多く見られました。問一は「反語的」を本文の意図に沿って説明できていない答案が多く見られました。問二は、傍線部前の2文を直接抜き出したものが多く、具体的に理解できていない印象でした。問三は、「ブロッホの議論」そのものを説明している答案が目立ちましたが、設問が尋ねているのは「ブロッホの議論」を通して「筆者が何を主張したいのか」です。問四では「難題」の内容を捉えきれていないものが目立ちました。

第2問 現代文

第2問(現代文)は、四方田犬彦『摩滅の賦』より「うっすらさ、について」からの出題です。問一は傍線部直前の内容を確認する設問でした。「~ではなく」という箇所も説明に当たって必要な条件です。問二では、レディメイドとアンフラマンスの特徴を結び付けられていない答案が目立ちました。問三は本文前半で述べられていたアンフラマンスの条件を整理し、傍線部直前に示されていた筆者の行動がそれに一致していることを説明する必要がありました。

第3問 古文

第3問(古文)は、本居宣長『手枕』からの出題です。問一の現代語訳問題は、逐語訳への留意が不十分だったようです。とくに、「やは」を反語として訳出していない答案が多く見受けられました。問二は敬意の方向に関する設問です。動作の主体を意識的に読み取りながら読解することを心がけましょう。

お問い合わせ: 0120-3759-37 (日曜・祝日を除く14:00〜18:00) Webフォームで問い合わせる