〈高1 第1回講評〉東大・京大模試[添削指導付き](2017年6月25日実施)

2017年6月25日()に実施した「第1回 東大・京大模試[添削指導付き]」の高1生向け講評・得点分布グラフです。

本模試は、思考力・判断力・表現力を問う難易度の高い出題のため苦戦し自信を持って解答することができなかった受験生が多かったように思います。

選択式問題では、本文中に隠されたヒントに気付けるかがポイントになります。より多くの問題を解き、本文を素早く正確に読み取る力を身につけましょう。記述式問題では、必要な情報を選択し判断する力や自分の言葉に置き換えて端的にまとめて表現する力が必要です。また構文・公式といった知識でも得点の差が出てきますので、日々の学習で多くの知識を身につけましょう。

返却された成績表には、解答に対する添削コメントやアドバイスが書かれています。そのコメントやアドバイスと解答解説集を参考に、今一度問題を見直してください。2017年10月22日(日)に「トップレベル模試」を実施いたします。皆様の受験をお待ちしております。

» 2017 Y-SAPIX主要大学入試難易ランキングはこちら

英語の講評・得点分布グラフ

採点・添削した先生からのメッセージ

得点分布グラフ
得点分布グラフ:英語
第1問【リスニング】
ふだんから音声学習をしているかどうかで出来は大きく分かれます。英文を聞くだけでなく、自分でも音読練習をするなど日々の訓練を欠かさないようにしましょう。
第2問【読解 要旨要約】
日米の庭を対比した英文の内容をまとめる問題でした。答案には両者の違いとその原因を、漏れのないように簡潔に書く必要があります。基本的な部分は合っていても、無駄が多いために、「塀の有無」や「訪問者への第一印象」などの必須要素が欠落している答案が目立ちました。
第3問【読解 和訳】
問2で接続詞asに関する誤読が目立ちました。「〜なので」という理由の意味に正しく解釈できていた答案は3割程度でした。nap / immediately / raiseなど語彙力増強も大事ですが、接続詞や関係詞といった、文を重層的に組み合わせていく働きの語についての知識も増やしていきましょう。
第4問【読解 総合問題】

説明問題の解き方が身についていない人が多いようです。まず問1は、Oscar’s story がどういうものなのか前段落をまとめ、それが just that —— a story「ただそういうもの —— 1つのお話だ」と言われている理由を、直後の記述から読み取ります。この両方をしっかり盛り込めた答案はわずかでした。そもそも猫の Oscar が何をしたのか、出来事の流れをつかめていないと思われる答案も目立ちました。

問3の the second study の内容と結果をまとめる設問も、該当段落の正しい読解が必要ですが、関係代名詞 that が作る構造を把握できず、最後の missed につられて「実験は失敗した」と、正反対の結果を書いた答案も少なくありませんでした。

第5問【語彙・英作文】

Part Bの自由英作文は、会話の空所を埋める条件英作文でした。By the way 以降はスポーツ全般の話をしているのに、「なぜ野球をしないのか」という論点にすり替えている答案が一定数ありました。

また、(2)の the trouble is (that) SV の構文を半数近くの人が知らなかったようです。このような構文にからむ知識は得点に大きく影響しますから、重要な構文を数多く覚え、使いこなせるように練習しておきましょう。

数学の講評・得点分布グラフ

採点・添削した先生からのメッセージ

得点分布グラフ
得点分布グラフ:数学
第1問 命題の真偽
第1問は命題の真偽を考える問題でした。等式で条件が与えられたときは1文字消去することが基本です。ただし、0で割ってはいけません。これらのことを押さえられていれば機械的に解決する問題だったのですが、方針が立たなかった人が多かったようです。
第2問 最大値・最小値
第2問は文字定数で表された範囲での関数の最大値や最小値を考える問題でした。関数のグラフを描いて文字定数の値で場合分けして考える、標準的な問題でした。学習したことをきちんと積み上げられているかを見る意味合いの強い問題といえるでしょう。よく取り組めている人が比較的多かったです。
第3問 「公式」の応用
第3問はある「公式」が正しいことを(1)で確認した上で、(2)でその「公式」の応用を問う問題でした。(1)の部分はよくできていました。(2)は流れを見抜けなかった人が多かったようです。この問題のように、前の部分で示したことを後の部分で使うことはよくあるので、意識するとよいでしょう。
第4問 立体の計量
第4問は立体の計量をする問題でした。立体の問題では適当な平面図形を取り出して考えることが基本です。特に与えられた立体と適当な平面の交わりを考えるのが有効なことが多いです。また、球が絡むときは適当な半径に着目するとよいでしょう。苦戦していた人が多かったですが、特に理系では本問で問われるような空間の感覚は重要です。

国語の講評・得点分布グラフ

採点・添削した先生からのメッセージ

得点分布グラフ
得点分布グラフ:国語
第1問 現代文

第1問(現代文)は、宗像衣子『響きあう東西文化』からの出題です。全体的な印象として、書くべきところはわかっているが、設問指示に合わせて語句を調整することをせず、本文をそのまま抜き出していたため意味が不明瞭になっている答案が多かったようです。また「曖昧」という漢字のミスが頻出していました。

問二では、「雲や木や川」が「時空間の境界」を「曖昧にしている」という関係を明確に述べる必要があります。

問四では、西洋と日本の自然観の違いまで書けていると得点につながります。

第2問 現代文

第2問(現代文)は、鷲田清一『素手のふるまい』からの出題です。柔らかい文章ですが、傍線部についてわかりやすく説明するのには苦戦したようです。

問三では、問一・二と比べて、解答の要素が多くなっていますが、それらを書き切れていない答案が見られました。要素を漏れなく書くには、設問の意味をよく理解し、本文の該当箇所を正しく把握することから始める必要があります。

第3問 古文

第3問(古文)は、『御伽草子』より「木幡狐」からの出題です。問一・三・四のような選択式の問題は確実に解けるようにしましょう。

問二では、「サ行」変格活用を「ザ行」と書いているものが散見されました。

問七では、途中まではよく訳せているものの、最後の「打消意志」が「意志」になっているなどのミスが目立ちました。

問八では、「犬」や「鷹」などの誤答が時折見られました。本文中のヒントに気付けるかがポイントです。

お問い合わせ: 0120-3759-37 (日曜・祝日を除く14:00〜18:00) Webフォームで問い合わせる