未来への学び

どうしてY-SAPIXで学んでほしいのか。理由は二つあります。

一つは、中学・高校生活を有意義に過ごしてほしいから。

最難関の大学や医学部に現役で合格することは容易ではありません。中高6年間という限られた時間の相当な部分を受験勉強に割り振る必要があります。しかし、皆さんが通っている中学や高校も、そこでのいろいろな経験や出会いを夢見て、懸命に勉強して入学したあこがれの学校であるはず。だから、私たちは大学受験のために、部活動や学校行事、校外活動など、中学・高校で過ごす貴重な時間をあまり犠牲にしてほしくはありません。ましてや、学校の授業そっちのけで塾や予備校の宿題を済ませるような、本末転倒な学校生活を送ってほしくないのです。新しい入試に変わる2021年度入試でも、さまざまな活動が評価の対象となります。

もう一つは、皆さんには志望校に合格するだけでなく、進学した大学やその先のステージで大いに活躍してもらいたいから。そのために、自ら問いを立てて答えを導くことができる「真の学力」と教養を身につけてほしい———私たちはそう考えます。

2010年の開校より、Y-SAPIXは先進的な取り組みを続けてまいりました。Y-SAPIXでの学びは、中学・高校時代を有意義に過ごしながら、現役での志望大学・学部合格を実現し、さらに大学入学後にも通用する学力を育みます。

ともにY-SAPIXで学びませんか。

〜難関大学現役合格を目指して〜

合格を通して「何か」を学ぼう

大学受験についてさまざまな誤解を耳にします。いわく「暗記の量が勝負だ」「受験テクニックを身につけるだけで合格できる」「過去問演習を繰り返せばよい」……。

しかし、本当にそうでしょうか。もし皆さんの日々の学習がこのような迷信に基づくものだとしたら、不幸なことです。

東京大学・京都大学をはじめとする難関大学の入試を乗り越えた先輩たちは、必ずしもそのような感想をもっていません。多くの先輩は漠然とでも大学受験を通して大切な「何か」を身につけたという感想をもっています。その「何か」は人により違います。問題に立ち向かう中で身につけた分析力、答案をつくりあげるための表現力、新しいものを身につけるために必要な集中力、あるいはタフさ。まさしく難関大学が求める力そのものではないでしょうか。

もちろん中学高校時代に求められる学習をしっかりこなすことは容易ではありません。抽象的な概念を理解することが求められますし、表現には厳格さも求められます。しかもこれが本格的な学問のほんの入り口でしかないのですから、時としてうんざりしてしまう気持ちにもなるでしょう。しかし、入り口とはいえ、実はそこには驚きと喜びに満ちた世界があるのです。大学の入試問題には、これまでも学問の楽しさ、奥深さを感じさせる問題が多数ありました。今後もより思考力、表現力、判断力を問う出題が予想されます。

ぜひY-SAPIXで、大学受験を通して皆さん一人一人にとって大切な「何か」を発見してください。そして学ぶ喜びを実感したあかつきには、志望する大学・学部へ進むのに十分な学力を身につけていることでしょう。

Y-SAPIXでお待ちしています。

お問い合わせ: 0120-3759-37 (日曜・祝日を除く14:00〜18:00) Webフォームで問い合わせる