【連載】2013年5月 中学生へのメッセージ

今月はGWを挟みましたので、遅れての配信となりました。気候が安定せず、寒かったり、暑かったり……。体調を崩していませんか?

憲法記念日

5月3日は憲法記念日でした。例年にもまして、さまざまな意見が新聞紙面を飛び交っていました。マスメディアの論調は「世界各国を見た場合にこれほど長い間、憲法が改正されない国はない」ことに触れ、時代に合わせた変化が必要だという内容や憲法本来の役割に即して安易に変えるべきではないという内容など多岐にわたり、さまざまな意見交換が活発に行われていました。

現行憲法では、96条で憲法改正について述べられており、国会議員の3分の2以上、そして国民の過半数の賛成が必要となっています。この内容が憲法改正のハードルをあげているという意見があり、まずは96条の改正から着手しようという動きが見られます。改憲の是非についてはここでは述べないことにしますが、せっかくの機会ですので、憲法とは何なのかについて触れてみたいと思います。

憲法の存在意義

日本における憲法とは一般的に「国家権力に歯止めをかけて国民の権利を守るもの」と理解されています。国を動かすためには、一部に国家権力を集中させる必要があります。国家権力は時に国民に対して強制力を行使する場合があります。強制力を伴う法律が国民の権利を阻害する可能性がある場合に、法律を違憲として、国民の権利を守ることができるのです。そのために日本の憲法はできるだけ改正しにくくしてあります。

『これが憲法だ』

5月に中3生の「リベラル読解研究」の授業で扱う書籍です。政治学者と憲法学者の対話集ですが、立場が異なる二人が熱く憲法論議を交わしています。その中で憲法学者の長谷部恭男さんは日本国憲法の基になっている立憲主義を、「多様な価値観を共存させる」ことと「公と私を分ける」ことだと説明しています。個人が各々正しいと思うものに従って自由に生きる権利が保障されることが原則ですが、どんな価値観を持っていても、共通する社会全体の利益については、方向性を決めなくてはならない。私的なことに関してはそれぞれの価値観が共存できるようにすべきであるという考えに則って作られたものだと述べています。

また、憲法の条文は「原理」と「準則」から成り立っていて、「原理」は国家体制が変わらない限り変更しないものだが、「準則」は事情に合わせて変化する場合があると述べています。ちなみに「原理」は「表現の自由は守られる」という類のもので「準則」とは「車は道路で左側通行をする」という類のものです。原理は自然権の思想に基づき、国の根幹をなすものです。それに対し、準則は本来、価値観によって決めてもいいことであるが、各々がばらばらに行動すると混乱するため、規定している側面が高いです。諸外国で改正されているのは準則に当たる部分であるとも述べています。

社会の一員として考える習慣を身につける

Y-SAPIXにお通いの皆さんはまだ成人していませんから、実際に改憲に関しての権利を用いることはできません。しかし、今後も続くであろう論議のポイントは何なのか、また、憲法とはどのようなものかを正しく理解することは今からでもできると思います。憲法改正は非常に重要なことですから、正しく内容を理解したうえで、自分の意見を持つことが大切ではないかと思います。

中高一貫校の強みを活かす3つの方法 2013

昨年も開催したイベントを今年も行うことになりました。昨年度は男女別にそれぞれの特徴と大学受験に向けての学習法、保護者の皆様の接し方などをお話ししました。今年は中高一貫校生全体として見られる傾向から、中高一貫校生の強みだけでなく、弱点についても分析し、その対処法、さらに、最新の大学受験の傾向に関してもお話しする予定です。保護者の方対象のイベントとなりますが、ぜひ、お知り合いの方をお誘い合わせのうえ、ご参加ください。

イベントの詳細・申込はこちら

近々、お知らせがあります。

本来はこのタイミングで具体的なことまでお話しできれば良かったのですが、今回は、予告のみお知らせします。中高一貫校生の学習をサポートするY-SAPIXでは、新たな取り組みを行っています。その内容の詳細を近日当HPでお知らせすることができる運びとなりました。ぜひ、ご期待ください。

お問い合わせ: 0120-3759-37 (日曜・祝日を除く14:00〜18:00) Webフォームで問い合わせる